So-net無料ブログ作成

ANAマイレージクラブ プラチナの取得を諦めたわけ [マイレージ(マイル)]

本来、日本人であれば、

・日本航空(JAL)
・全日本空輸(ANA)

この2社のマイレージプログラムに登録し、上級会員を目指していくのが正攻法と言えます。
しかしながら、これらの日本企業のマイレージプログラムは、上級会員になる条件が年々厳しくなっている傾向にあり、特に2013年頃からの制度変更で上級会員のステータスを取得することが大変困難な状況となりました。

20181212ANAstatus.png

特に、ANAを例としますが、上級会員ステータスの取得困難を極めた決定的な理由は、 「自社、ANAでのプレミアムポイント取得25,000ポイント以上」
という条件です。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/status/
*ANAステータス獲得条件(2018/12現在)

具体的には、一つの手段として合計で50,000プレミアムポイントを取得する必要があるのですが、
1.エコノミーなどのディスカウントチケットを購入している場合、100%のポイントが付与されない(50~70%)
2.ANAの航空券はトルコ航空などの外資系企業と比べてチケットが高く、25,000ポイント取得にコストがかかる。
3.プレミアムポイントの積算期間は1~12月と固定されており、例えば7月頃から飛行機に乗り始めても、ポイント積算の残り期間は約5ヶ月となり不利(トルコ航空は最初の登場から1年という積算期間)
という3点が厳しいポイントです。

また、直行便であれば比較的安価に取得できるディスカウントチケットも、トルコを経由して更に渡航するような遠距離(欧州の一部、アフリカ、南米など)と価格比較すると、トルコ航空の価格には勝てないと思います。

なんとも定量的な情報がない記事になってしまいましたが、私がANAでの上級会員取得を諦めた理由は上記のとおりです。

ですが、今ではトルコ航空の上級会員ステータスを獲得し、ANAのゴールドメンバーと変わらない旅が出来ているので十分に満足しております。

また、後日詳しくご紹介しますが、イスタンブール空港のプレミアムラウンジは大変豪華で、まるでエンターテイメント空間のような場所になっております。

出張や旅行の際、ANAに乗りたいけど乗れない方。
トルコ航空で快適な空の旅をゲットしましょう。

楽天トラベル 海外航空券予約
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。